あなたの子供3-5歳

マリウスの船:エピソード2

マリウスの船:エピソード2



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

日当たりの良い小さな島で、マリウスはカモメと釣りをするかわいいボートを誇りに思っています!しかし、嵐の夜、海は解き放たれ、波を吐き出します...マリウスの船は危険にさらされるでしょうか?私たちの歴史の継続。

  • 風が砂の渦巻きを持ち上げ、皮膚と目を刺しました。 前進できません。 突然、他の波よりも大きな波がボートを杭から引き離し、運び去った。マリウスは彼女が一瞬で姿を消すのを見たが、彼は何もできなかった。
  • 翌日、落ち着きが戻ってきました。マリウスは島で最も高い木に登り、自分のボートを見つけようとしました。しかし、彼の周りには、青と泡しかありませんでした。 「海がそれを壊さない限り」、彼は心配して考えた。
  • 突然、カモメが頭を磨いた。シーガル、お願いします海の上を飛んで、あなたが私のボートを見たら教えてください!「カモメは飛び去って、1時間後に再び現れました、そして、マリウスは彼が叫ぶのを聞いたと思いました。マリウス、マリウス、ついてきてくれ!"
  • すぐに、彼は古い漁師のステファノに走りました。「ステファノ、あなたのボートを貸してください。カモメが私のボートを見つけました。私はそれに従わなければなりません!」
  • ステファノは目を大きく開いた。かわいそうなマリウス、太陽が頭を打ちました! カモメを追いかけたい!そして、なぜカニではないのですか?」
  • マリウスは焦りを込めて印を付けた: "ステファノ、お願いします!"
  • "いいえ、質問なし! 漁師に答えた。私のボートは何年も航海していません。彼が浮いているかどうかさえ知りません。おぼれそうだ!」

マリウスは彼のボートを見つけるかどうか? 終わり。

AgnèsBretonによって書かれ、Philippe Goosensによって描かれた物語は、雑誌Toboggan、Milan juunesseに掲載されました。