ニュース

子育てと女性の仕事:世代を超えた異なる見解


離婚、親子関係、母親の仕事、父親の場所... INSEEは、ライフスタイルの進化と、さまざまな世代がそれらについて持っている認識を研究しています。当然のことながら、古いものは伝統的なパターンを好み、若いもののメンタリティは進化します。 (03/03/11からのニュース)

母親の仕事、はい、しかし...

  • 調査対象者の半分以上 3歳未満の子供は母親が働いているという事実に苦しむリスクがあると考えています(男性の53%、女性の49%)。主婦はこの意見を共有する69%です。
  • これらの意見は年齢に大きく依存しています :40歳未満の場合、大人の10人中4人は、65歳以上の10人中7人と比較して、母親が働いているときにこれらの幼い子供に苦しむリスクがあると考えています。

子育て、必須?

  • 回答者の63% 「繁栄するためには、女性は子供を持たなければならない」と信じています。最古の人々の間でより広範に見られる意見:65歳以上はこの意見を表現するために10人中8人であり、30歳未満では10人中5人です。
  • 男性の場合、 彼らの親子関係は、女性のそれと同様に彼らの発達にとって必要です。地上で徐々に確認されている態度の変化:1975年の8分と比較して、1999年には、男性は子供のために1日あたり平均11分を過ごしました。

自宅で2人の親、理想

  • 子供たちは ますます多様化する家族構造に住んでいる回答者の90%は、「幸せに育つには、子供は父親と母親のいる家が必要だ」と考えています。
  • 離婚の場合、 42%の人が、子どもが母親と一緒にいるのは良くも悪くもないと考えています。ここでも、世代の影響として、親権が母親に体系的に委ねられていることに同意する可能性が最も低いのは、25歳未満の22%対75歳以上の45%です。

ステファニー・レテリエ

ファミリーライフフォーラムで質問や経験を共有してください。